FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.07.11

失神

ナオさんは私に奇妙な装身具を着るように命じた。
紐のような服で、胸と性器は丸見えになる仕組みになっていた。
そしてその服はローターを固定できるように袋がついていた。
手はまた手錠をかけられ、ベッドに固定された。


ナオさんはびっくりするような大きなバイブを持ってきた。
私はさすがに「それは無理です」と拒否しようとしたけど
ナオさんは「口答え出来ないように、口枷してやる」と
私の口に丸いボールのようなものを入れられた。
私は「うー」とうめいていた。




ナオさんの指が私の胸と性器に触れた。
自分のビデオを見て感情が高ぶっていたのか
もう濡れていた。

ナオさんは濡れているのを確認すると、
大きなバイブを私のなかにズブズブと入れ始めた。
バイブが入ってくるだけで、すごい威圧感があり、
私の頭の中は真っ白になった。
そのまま、スイッチをいれて、バイブをゆっくりうねらせ始めた。
バイブに中をかき回され、私はそれだけで
もうイってしまいそうなほど強い快楽を覚えていた。

ナオさんは、気持ちよさそうな私を見て
「ローターもつけてやろう」とクリトリスにローターが当たるように
固定し、すぐにブルブルと振動させた。
なんとも言えない気持ちよさに、
私は「うーー」と声にならない声をあげて
体を震わせ、連続で何度もイってしまった。

私がイったのを確認すると、ナオさんはおしりにも
潤滑油を塗り、細めのバイブを挿入し、そして振動させた。
また、私は動物のように、理性を失い
よだれを垂れ流しながら、何度も遠いところへいった。
私は3つのおもちゃに攻め続けられ
失神した。

この記事へのトラックバックURL
http://yukiloveyuki.blog5.fc2.com/tb.php/89-5c1a02ad
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
これからも楽しいブログを見せてください!
Posted by (*゚ー゚)v at 2005.07.11 15:51 | 編集
ありがとうございます!
Posted by yuki at 2005.07.14 09:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。