FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.06.26

ナオさんの家

ナオさんはそのまま車でナオさんの家へ向かった。
私は、自分の家に帰りたかった。
でも・・・そう思っていても、
何も言えなかった。
もうどうでもよかった。
処女を失った喪失感で、
私は失うものなどないような気がしていた。
頭に穴が開いたように、何も考えることが出来なかった。

ナオさんの家は
かなりの高級マンションだった。
ナオさんが高級マンションにすんでいることなど
全く知らなかった私は、驚いた。
本当に大学院生なのだろうか?
私はナオさんの経歴にも疑問を抱き始めた。
そして、そのオートロックつきのマンションに私は案内された。


この記事へのトラックバックURL
http://yukiloveyuki.blog5.fc2.com/tb.php/76-a2fbe519
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。