FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.06.15

車の中でキスした後

車の中でナオさんは私の体をキスしながら
手で私の体を触りはじめた。
ナオさんの唇と、手の動きに私は敏感に反応し、
はずかしい声をあげていた。
気持ちいいと思う気持ちと
好奇心と恐怖とはずかしさが入り混じって
私はとてつもなく、感情が高ぶっていた。

ナオさんの手は徐々に
私の大事な部分にすべりこんでいった。
私はそんなこと、当然されたことがなく
少し触れられただけで
どうしようもないほどあそこが濡れていた。

ナオさんは「yuki感じてるんだ」って
嬉しそうにいったけど
私は恥ずかしくて、怖くて、どうしようもなかった。

ナオさんが私のアソコを指でかきまぜはじめると、
私は気持ちよさとはずかしさで
おかしくなりそうだった。

そして、ナオさんが、ズボンを脱ぎはじめると、
恐怖だけがどんどん膨らんでいった。

この記事へのトラックバックURL
http://yukiloveyuki.blog5.fc2.com/tb.php/69-5fe572cd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。